スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局  at 

2010年01月31日

視覚は死角!?

こんばんは、TSUです。

『見方が変われば人生が変わる』

確かファンドか何かのCMだったと思います。

一枚の写真を夕日と見るか朝日と見るか。

見方によっては全く違う印象になりますよね。

トリックアートとしてはルビンの壺や老婆と貴婦人なんてのが有名でしょうか…

初めてCMを見た時、ハッとしましたね〜(・_・)

この仕事を始めてなんとなく感じてはいたのですが、ここ2年くらいでしょうか…私が特に悩んでいることのひとつです。

例えば仕事で言えば脳卒中後遺症の利用者さん。
どちらか片方、あるいはの両手足が麻痺しているなど見た目上のパターンという意味では似たような症状かもしれないですが、高次脳機能障害などを見てみればその症状は千差万別というだけでなく傍目ではなかなか気づかない事も多いように思います。

見える障害と見えない障害。

見えない障害が見えるようになれば、推察に幅ができ効率も良くなるのではないかと思い日々模索しているところです。

また、見えない障害を知る事で家族へのアドバイスがより適切に行えます。

『見方が変われば人生が変わる』

大阪へ見学にいかせていただいた時も特に感じたことですが、私にとって永遠のテーマになりそうです。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 00:59Comments(0)

2010年01月29日

初司会

今週 プチカンで ローテーションの司会進行役の順番が回ってきました。

会社に 戻るまで かなり緊張して 頭の中で 何度も シュミレーションをしてました。

はやく慣れてくる様に 回数を重ねていきたいと思います。

そして 自分の思っている意見が しっかり伝える事が 出来る様に 頑張ります!

施術者 toshi
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:27Comments(0)

2010年01月29日

78%の法則。

たま~にサボったりもしますが、毎朝5時のウォーキングが続いているゆきです。
100%を目指すと苦しくなるので、たまにはいいか~と二度寝も楽しんでいます。ウトウト

何事もそうですが、100%やろうと思ってやった結果が100%というのはありえないそうです。
100%完全にできるのは「神の領域」だそうで、人間は神ではなく不完全なものだから、どんなに頑張っても78%が最大値で、残りの22%は改善の余地あり、が人間というものだ、とある本に書いてありました。
なんでも完璧を目指す完璧主義は疲れます。
結果を見ると、苦しくなるからです。
(私も完璧を目指した結果、挫折したクチですタラーッ
だから、不完璧主義で、ちょうどいいのです。

とはいっても、やはり100%の努力は必要なのですが。アセアセ
それで結果が78%であっても、残りの22%を次に改善するために、また100%の努力を重ねていく。
そして、限りなく100%に近づいていくのが人生の修行というものみたいです。
そう考えると、何事にも失敗を恐れず、チャレンジしていけそう…じゃないですか?(単純かな?)

そんなことを考えつつ、満天の星空の下をてくてくと歩いております。
黙々と歩くことを続けていると、いろんな思考が浮いてきてうきうきします。ニコニコ
今は特に西に沈む満丸に近い月が、最高に綺麗な時期ですよ。ピカピカ
これからだんだんと気候も暖かくなるし、早朝ウォーキング、始めてみませんか?
(求む!同志!笑)  
タグ :ゆき。


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 20:49Comments(0)わたくし事

2010年01月29日

運動しましょう

スローステップ運動は程なく挫折・・・その後、何か自宅できる運動はないものかといろいろ考えてみました。結果、ちょっとしたフィットネス器具を購入してみました。
効果があれば、また、続けられるようであれば続報します。
生活スタイルも何か変えていかないと結局挫折してしまうと思うので工夫しながら運動する時間をつくっていきたいと思います。

施術者shi

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 07:54Comments(0)

2010年01月28日

みやと会はどうでした?

先日の第一回のみやと会。

同じ幹事のHさんやM事務長など多くの方に助けられ、なんとか無事に幹事をやり遂げられましたm(__)m


店の下調べや予約、店との交渉の仕方など反省点は多く、やはり情報の収集力や行動力が大事だと感じました。


また来年(?)幹事になったら今回以上のみやと会をできるようにしたいですね(≧▼≦)


皆さん本当にありがとうございました!!


PS.黒ひげ危機一髪って、遂行機能(穴にきちんと剣をいれられるか?)や注意(どの穴を選ぶか?)や予測(刺したら人形がどうなるか?)のリハビリにならないかなぁ?

皆で楽しくワイワイと

マスミ
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:55Comments(0)

2010年01月28日

短所を長所に変える。

1人の利用者に対して、決まった施術者1人が、継続して施術を行う場合と1人の利用者に対して複数の施術者が関わり施術を行うことでは、それぞれに長所・短所がある。
関わっている施術者のそれぞれ目標設定や方向性が異なっていたとしたら、当然良い結果に繋がるはずはなく、それぞれが観察したり施術を通して得た貴重な情報を各自の胸の内にのみ留めていたとしたなら、利用者の全体像をとらえた施術へと情報をいかし反映することもできない。
複数の人が関わることでプラスになることを更に強化し利用者様の複数の施術者が関わる場合の短所を長所に変える為には、利用者様の情報を、関わりのある施術者間で共有すること、また方向性の統一を図る為に、話し合いを行っていくことは必要だと私も感じていた。本日のプチカンで、今後チーム●●という形で話合いをしていくことが決まったのは良いことだと思う。
皆さん、利用者様の為にバンバン意見交換をして下さい。
S川
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 20:00Comments(0)

2010年01月28日

花粉症

もうすぐ杉花粉の季節です。十数年前、杉花粉症になってから、レンコンがいいとか、トベラがいいとか、免疫力を高めるといいとか、いろいろ試しでみたのですが結局抗アレルギー剤に頼っています。それでも今では花粉症ならぬ過敏症でアレルギー性鼻炎となってしまいました。「トホホッ」
先日 「花粉症にはホメオパシーがいい」 エネルギー医学の大きな力−ーと言う本があることを知りました。今度読んで見ようっと。
施術者oza
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 01:10Comments(0)

2010年01月27日

寂しい〜

今日伺った利用者さんの様子がいつもと違う思いました
いつも「こんにちわ」と声をかけると「こんにちわ、今日は、寒いな」と返事が返って来てました
ところが今日は、何も返ってきません
相談員が同席してるからかな?
「今日は、元気がないですね」と下肢の運動をすると数も数えてもらえません
心配になって奥さんに尋ねると「昨日、お茶を飲ませんガったら、怒ってそれから何もしゃべらんちゃが」
それを聞いて、とりあえず一安心
そのまま施術をして終わりましたが、最後までしゃべってもらえませんでした・・・f^_^;
夫婦喧嘩と思いますが、次行くまでに仲直りしほしいですね・・・
でも寂しい〜

施術者hida
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:34Comments(0)

2010年01月27日

健康に感謝JIS+7A73

毎日の生活に追われて 本当に大切なものを忘れがちなこの頃… でも今一度 足元を見直してみる時間 必要かなと思います。病気や障害をおった利用者さんを通して わかってたつもりでも 不平不満を口に出し つい逃げ出しそうになる自分です。でも一番大事なもの それは健康な心とからだなのだと今改めて身をもって感じてる私です。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 10:28Comments(0)

2010年01月27日

緊張~

昨日、訪看の新規説明で他の事業所の方やヘルパーの方々とカンファがありました。
ご本人とご家族の前での説明・・・・緊張しまくりアセアセ
もうグダグダでノドはカラカラ。
解りやすく説明できたか・・・不安大泣きです。
でも初めの一歩は踏み出せました。
まだまだ、やっとスタートラインに立ったばかりなので色んな方との協力を頂きながら
前へ進んで行けたらと思っていますスマイル・・やま


  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 09:47Comments(0)わたくし事

2010年01月26日

在宅アダプト

左片麻痺の利用者さんは転倒注意です。

左麻痺のほうが寝たきりになる人が多いと言われています。なぜなら、左麻痺は右麻痺より転倒しやすいからです。

右脳には、ものの位置を把握したり、空間的な認識を司る機能があり、右脳卒中により、それらが破綻し、左半側空間失認が起こります。また、同名半盲(麻痺側の視野が狭くなる)もあり、転倒しやすくなります。

施設の職員さん等に説明する時も、「左片麻痺→転倒→寝たきり」の意味を説明することも重要だと思います。

まえむ〜
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 04:19Comments(0)

2010年01月25日

ドッカ〜ン

先週土曜日に、第1回みやと会が行われました。

施術者Hさん・M君が幹事を…2人が仕事以外の時間を使って話し合いを設け、段取りをした事でしょう〜

結果…良い親睦会になったと思います。食べ物も美味しかったし、皆も結構飲んでたなぁ〜施術者S・Oさんの食べっぷりには、皆が脱帽ってな感じでした(笑)

次回のみやと会の幹事を選ぶのに、『黒髭ゲーム』
次回は花見を兼ねて!!
昔から、このゲームは…
案の定ドッカ〜ン(>_<)
幹事になってしまいました。

まだ時間はありますが、段取りよく成功させる。今からでもシュミレーションをしようかなぁ〜
私の他に、施術者Sさん、相談員Sさんが幹事に…
三人でやり遂げましょうね。宜しくお願いします(^-^)
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:49Comments(0)

2010年01月25日

木を一本切り倒しました。

木が自然に生えてきて、見る見る大きく育って20㎝位になってしまいました。手に負えなくなってしまった木は切るしかありません。10年前には、まだ5㎝くらいで、邪魔にもならず、風が吹いても、ざわつかない程度だったのが、今では風が吹く度に大きく動いて、夜中、ざわざわと誰か話しているような錯覚にとらわれます。
チェーンソーを使うのは久しぶりでしたが、エンジンもスロットルの調整をするくらいで調子よく回り、刃の切れも良く、難なく切り倒せました。とは云え、大きな木を切る時は怖いものです。木も生きています。一つの生命を奪うのです。逆襲に合わないとも限りません。緊張し速やかに処理していきました。後片付けは大変でしたが木が無くなると、穏やかな静けさがまた来るようになりました。また、体は痛いくらいに疲れました。

施術者 tana  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 18:27Comments(0)

2010年01月24日

地域の取り組みに感謝。

こんばんは、TSUです。

昨日と今日、休みを利用して他のスタッフとセミナーに参加させて頂きました。

それぞれ、地域リハビリテーション広域支援センター主催の『家庭でもできる褥瘡予防』、宮崎リハビリテーション講習会実行委員会主催の『高次脳機能障害に対する症状の回復』。

(また長いブログになると巻き(!?)が出そうなんで、今日は褥瘡セミナーで感じたことを…)

褥瘡も高次脳機能障害も我々がこの仕事に携わる上で非常に重要な課題のひとつだと思います。

なかでも、褥瘡の国際的な基準であるNPUAPの分類では発赤の段階ですでに褥瘡が始まっているということ、また見た目上必ず悪化する場合があるということから、ステージI以前に『偽DTI』という分類が加わったこと。恥ずかしながら今まで発赤は様子見程度にしか捉えていなかったため、適切なアドバイスが出来ていませんでした。

そして擦過傷などの創傷防止には保湿と撥水によるスキンケアが欠かせないということ、車椅子でのシーティング(座位保持)では手作りのブーメランクッションを使うことで腸骨の後傾位固定を防止する事が出来る等々。

実際の医療現場での取り組みと手作りクッションの発想など、またまた新しい視野を勉強させていただきました。

今回もこの様な機会を得させていただき、関係者の方々に心から感謝を申し上げつつ、早速明日から利用者さんに役立てていきたいと思います。

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:46Comments(0)

2010年01月24日

『みやと会』

土曜日に、第一回 『みやと会』が 無事に 終わりました。

この 企画は、社長が 組織力を高める為の 企画の一つ 幹事 も 社員二人一組の 交代でやる事に

その 第一回目 の 幹事に私とM君に決まりました。
今回は、親睦を深める 為に 居酒屋で 飲み放題 食べ放題に決定…

大変 盛り上がり 大成功でした。

今回は、M君の 活躍が無かったら 成功しなかったと思います。

 「M君…ありがとうございます お疲れ様でした」

施術者 haradでした。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 20:22Comments(1)

2010年01月24日

アーチ

二足歩行の人間にとって、足裏のアーチは大切です。地面を蹴った時の衝撃を和らげたり、バランスを保ったりするのに働きます。赤ちゃんにはありません。
アーチは前脛骨筋とヒ骨筋が関係してます。ヒ骨筋はつま先立ちに関しているので、利用者さんにもつま先立ちを促したいと思います。SUGI
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 10:55Comments(0)

2010年01月22日

相手に好意を持つとは。

先週末、「ピグマリオンミーティング」を提案してみたゆきです。
5分という短い時間でしたが、はじめは戸惑いや照れくささもあってか、声も笑いも控えめでしたが、時間とともにじわじわっと盛り上がっていって、あちこちで笑いも起こったり声も大きくなったりで大盛況(!?)
提案した手前、良い雰囲気で終わってよかったな~とほっとしました。スマイルピカピカ

終了後、「惚れてまうがな~」なんていうコメントもありましたが、よくよく考えるにそれも自然な流れなのかな?なんて思います。
元々、褒めるという行為は、好意を持っている相手じゃないとなかなか言えないものですよね?

好意を持っている→褒めるというのが普通の流れ。
でも、逆に何とも思っていない相手にでも、褒められたら好意を持ってしまうようなのです。
つまり、褒めるという行為で、相手に「この人、自分のことを好いてくれている?」と思わせることができてしまうのです。ドキドキ
ここが人間の心理として興味深いところです。

褒める→好意を持つという流れがあるのなら、それを利用しない手はありません。
ちょっと苦手な相手でも、意識して良いところを見つけて褒めると、がらっと関係が変わってくるかも??

利用者様、仕事仲間や家族など、身近な人相手に良い関係を作るきっかけになるかもしれません。
ちょっぴり意識してみようと思います。ニコニコ  
タグ :ゆき。


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:25Comments(0)わたくし事

2010年01月22日

講習会

今週の土日の二日間 別々の場所で 講習会があります。

二日間とも 施術を行う 私達に 関わりがある内容なので 参加しようと思います。

ただ参加するだけじゃなく しっかりメモを取って 今後に繋げられる様に 吸収してこようと思います。

そして 明日は 第一回 みやと会!

楽しみたいと思います。

施術者 toshi
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:21Comments(0)

2010年01月21日

癌ってなんだろう?

癌を英語で「cancer」 これの語源は星座の1つ「蟹座」。


なんでも医学の父ソクラテスが、乳癌の腫瘍の広がりが蟹の足の様な広がりを見せたことからこのように名付けたからだそうです。


日本語では昔、乳癌を触診すると岩の様に硬いことから「岩」とも表記されていました。


先日、癌の話題がでたのでまずは語源などを調べてみました。


呼び方が色々あってややこしく、まだまだ色々知らないことばかり。


知らないことを知る、理解することが自信につながると信じて、また頑張ります。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:46Comments(0)

2010年01月21日

大寒?

先日は雪が積もったり、はたまた大寒というのに20℃を越えるような暖かい日であったりと、寒暖の差が激しいですね。そうなると体調の管理が難しくなってきますね。

新型のインフルエンザがまだ流行しているということも聞きますし、感染性の胃腸炎も流行しているようです。

今シーズンもあと幾度かは寒気がやってくるでしょう、うがい手洗いを忘れずに励行しましょう。

施術者shi
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:43Comments(0)