スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局  at 

2010年03月31日

花見のあと・・・

先日の土曜日に花見がありました。
少し寒かったのですが、桜が綺麗でした。
私自身、探検が好きなので周辺をウロウロして、焼き肉もタップリ食べて、満足ニコニコでした。
ところが、この季節は私にとっては・・・魔の3~4月。
花粉やら日光過敏で顔やら耳が痒くなる月叫び
今年もきました・・・痒い・・・
特に今年は。毎年気を付けていたのに・・なるべく外には出ないように。
でも・・探検は止められないのです。痒いけどワクワクワーイするので。
以外にデリケートに育ちました・・・やま  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 16:58Comments(0)わたくし事

2010年03月31日

サルフェートでてご存知??

霧島火山岩深層水に含まれる体内浄化に欠かせないミネラル物質…宴会の多い人 ダイエットしたい人 是非おすすめです。サルフェート入りミネラルウォーター注目
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 08:00Comments(0)

2010年03月30日

2人のセラピスト

2人の偉大なセラピストの翻訳本を読みました。

1人は、ボバース女史。
1972年初版の「片麻痺の評価と治療」です。

もう1人は、ブルンストローム女史。
1974年初版の「片麻痺の運動療法」です。

ボバース理論は、「四肢を固定して、体幹を動かすことによって、ケイ性を抑制する」をコンセプトに書いてあります。

ボバース理論を受け継がれた人の本を何冊か読みましたが、同じようなことが書かれていました。

ブルンストローム理論は、お馴染みのステージ分類ですが、「反射」に基づいた運動パターンのことが書かれています。

40年以上も前の古典的?な卒中症候群の、セラピストとしての考え方をほんの少し学んだような気がします。

まえむ〜
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 05:24Comments(0)

2010年03月29日

嬉しくなるように…

先週行われた利用者Dさんのカンファレンスの内容をプチカンで発表しました!
在宅から施設に環境が変わったのですが、入所当時は環境に慣れず、元気がない状況が続いていたのですが…今は表情が全然違う。

Dさんの目標が…『歩きたい、歩けるようになって早く家に帰りたい』強い口調で言ってらっしゃいました(^-^)
その言葉が行動にも表れ、今はエアーマットを使用されていますが、リハビリには適してないから替えてほしいとお願いしていました。
ホントに嬉しくなる言葉ですよね!

担当しているOさんの事も誉めて頂きました。私に一生懸命してくれる。と笑顔で…信頼関係が出来ているなぁと感じました。

この内容をプチカンで発表し、最後に日直のTさんが『嬉しい言葉を言われると、皆が嬉しくなります。そういう言葉を皆で増やしていきましょう〜』と言われました。そうですよね!

利用者の利益があるからこそ繋がることです。それには身体的改善だけではなく他の細かな気遣い、利用者さんだけではなく家族、色々あると思います。利用者さんが少しでも喜んでもらえるように、気持ちで接していかないといけないですね。

相談員 suzu
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:09Comments(0)

2010年03月29日

花粉アレルギー!

美しい花の咲く季節は、花粉症の季節でもあります。

花粉の飛散によって発症する花粉症などのアレルギー症は、杉とかダニのような特殊な物質が人の体内に入ると、抗体の一種のIgEという物質ができ、それが再び体内に入ってきたスギ花粉やダニなどの物質と結合することによって発症する。
スギ花粉に何度もさらされた人は、体内にスギ花粉に反応するIgE抗体をもつようになる。ヒトの鼻の粘膜や目の結膜にも、このスギ花粉に反応するIgE抗体が存在するようになる。
このヒトが再びスギ花粉にさらされ鼻の粘膜に達すると、そこで花粉と花粉に反応するIgE抗体との結合がおこる。
鼻の粘膜には好塩基球や肥満細胞といった、細胞内に顆粒をもつ細胞があるがこれらの細胞の表面には、IgE抗体と付着する一種の鍵穴をもっている。ただくっついているだけでは何事も起こらない。しかしスギ花粉と結合したIgE抗体が、これらの細胞とくっついてしまうと、これらの細胞内の顆粒が脱出して、セロトニンとかヒスタミンのような科学物質が放出される。この反応が鼻の粘膜でおこると、鼻汁を分泌して、クシャミを連発させる。眼の結膜でおこると、涙がでて、眼が真っ赤になるという訳です。
同様に皮膚でもおこる。ダニ抗原とIgE抗体が結合し、さらにそれが好塩基球や肥満細胞と付着すれば、それがアトピー性皮膚炎を誘発することになる。

まだまだ、花粉症の危険時期を脱出していません。皆さんも、どうか、ご用心を!

tana
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 07:32Comments(0)

2010年03月29日

楽しみの…

桜が開花し 各地でお花見が盛り上がってます。弊社も土曜日に行いました…楽しかったですョ。

先日、私が伺う 施設でも お花見 が 予定されている とか…

利用者さんの部屋に 伺い 私が「明日お花見ですか?」訪ねると 普段 口数の少ない 方が 「明日 お花見が 楽しみ」 何度も 繰り返して 言われ…
そのうち 両手を 毛布から 出して 踊るしぐさ …

私が「すごく 楽しみ に してるんですね」 と 言うと「楽しみが無いと 駄目ョ」…
楽しみが 有ると あんなに 元気が 出るんですね 私も 元気を もらいました。
施術者haradでした。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 06:01Comments(0)

2010年03月27日

花見

桜の木は古来より神が宿る所だそうです。またお花見は、お酒や食べ物をお供えして皆で頂く神事で、田植え前に豊作を祈願したのが起源だそうです。
そこで私も、いっぱい祈願しておきました◎
幹事(長??)あんまり活動してなくてすみません、皆様ありがとうございました。SUGI
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:34Comments(0)

2010年03月27日

花と宴のみやと会♪






こんにちは、TSUです♪
今日は弊社恒例の花見&BBQ大会の日(^O^)

今回のブログはリアルタイムで書いていきますo(^-^)o

写真は携帯からなので文面直下とリンクしないのが残念ですが…〆切を重視しときます(^_^;)
撮ったの全部アップ出来るかな?

10時26分、車で走ること20分。公園の麓の桜街道をくぐる(^-^)冷たい長雨もようやくおさまり見事な快晴♪昨日のプチカンでの利用者情報では5分咲きとのことでしたが今日来てみれば7〜8分咲き?こういう時に普段の行いがモノをいいます( ̄∀ ̄)

10時30分到着&荷物運び。毎回思うのですが、行き帰りの設備運搬が正直しんどい(∋_∈)

10時45分、焼き場と飲み場の設置が完了し、もってきたビールが適温かどうかを(!?)まえむ〜主任とhida主任を巻き込んで責任もってテイスティング♪良いですね〜こういうの(^w^)

10時54分、善意で集まって来てくれた準備スタッフを囲んでプレオープン(?)
SUGI幹事長の乾杯の音頭がようやくとられます!
かんぱ〜い(^◇^)┛

11時24分、SUGI幹事長の指示の元、SUZU幹事長補佐官が着火!ファイヤーo(`▽´)o

11時45分、SUGI幹事長からようやく初焼きの許可が下りました!(^∀^)ノ

そして12時の開宴に合わせてそれぞれのスタッフが思い思いに集合!(≧∇≦)

盛り上がりましたね〜(^∀^)ノ

もっと詳しく書きたいのですが、なんとまぁ夕べの寝不足が祟ったのかホッとしたせいなのか…いつの間にか私がダウン(┳◇┳)

空白の○時間になにやら盛り上がってた様子(>_<)何が起こったいたかは社長ブログで明らかになるらしい…気になるなぁ(-"-;)

そして何だかんだで宴もたけなわ(^-^)

何のトラブルも無く今年の花見大会も無事終了しました(-^〇^-)

見せ場の無い文面ですみませんが、何せ呑みながらのリアルブログ(@_@)
たまには無礼講ということで…( ̄∀ ̄)

最後に実行委員のSUGI幹事長、SUZU&S川補佐官、そして準備スタッフの皆さん本当にご苦労さまでした。

おにぎりランキング↑
優勝者は…炊飯器が壊れていたにもかかわらず、女性であることの(!?)意地と責任感でコンビニおにぎりを買ってきてくれたやまさんに決定\(^ー^)/
手作りおにぎりが順調に食べられるなか、ひとつも売れなかったにもかかわらず奇跡の逆転優勝!心からおめでとうございますo(^-^)o


楽しいひとときもあっという間に過ぎました♪また月曜日から頑張りましょうp(´⌒`q)

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:21Comments(2)

2010年03月27日

感動

今日 約一年ぶりくらいに 伺った 利用者さんを見て びっくりしました。

Oさんのヘルプで 伺い 施設長に 部屋まで 案内してもらう途中で 去年とは 別人だから 驚きますよと 言われて 本人さんを見た瞬間 本当に びっくりしました。

以前とは 目の輝きが 違いますし しっかりと聞き取れる声。

そして 何より 室内歩行まで 可能に なられている事。

元気に なられた秘訣を 尋ねると はやく歩けるようになって 自宅に帰りたい!
歩きたくて いつも メラメラ燃えているんだよ!
と言われて 圧倒させられました。

表情豊かに 話されているのを見て Oさんとの素晴らしい 言葉のキャッチボールが されていて 良い関係を築かれているのを 垣間見る事が できました。
何故か 私の方が 感動してしまった 30分でした。

施術者 toshi
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 00:00Comments(0)

2010年03月26日

夢中~!

うちのインコが最近夢中になっているものがあります。
それはビタミン剤の容器。ピカピカ
なぜこんなものに!?と、見る度に笑いを誘いますが、飽きもせず毎日猛烈アタックを繰り返しています。
そんな姿がまた微笑ましくもあり。
自分もこんなに夢中になれるものがあるかな~?なんて思ったり。

………ん?

う~ん、そこまで熱くなれるものがない、かも?
好きなことはいくつかあるけど、まだまだ浅い感じかな?
なにか探そうかな~と思いつつ、とりあえず明日の花見は暖かい日和だといいな~と思っています。サクラ  
タグ :ゆき。


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:33Comments(0)わたくし事

2010年03月25日

メガネ

先日、自宅でメガネを落として破損してしまい、新調するためにメガネ屋さんに行きました。壊れたメガネはガラス製のレンズのもので永らく使用してきたものでした。私はけっこう目が悪く、その壊れたメガネを購入した当時のプラスチックレンズでは屈折率の関係で厚くなりすぎてしまうためにガラスレンズの選択しかできなかったのでした。
メガネ屋さんの均一料金の宣伝をよく見かけますが、それは実は指定のプラスチックレンズを使用した場合の料金で、ガラスレンズを選択できないそうです。プラスチックレンズは傷がつき易く、変質し易いということがありますので今回もガ
ラスレンズで作る予定でしたが均一料金で収めたかったのと、品質が向上してプラスチック製でもそこまで厚くならないためプラスチック製でつくることにしました。
安価な製品を短いサイクルで更新するというのがメガネ業界の流れなのかと思いました。

施術者shi

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:01Comments(0)

2010年03月25日

他人から映る自分は?

先週から施術を開始して頂いた利用者さん。


お孫さんが熱心に看護され、僕の施術中も片時も離れずに熱心に御覧になっています。


家族の方や相談員の方に施術を見てもらうと自分では気づかないことを、相談や指摘されいつも反省することばかりです。


学生時代に先生に言われた「なによりの指導者は患者と家族」という言葉がとても実感できます。


指摘や注意を感謝し、反省を次に繋げ同じ失敗は絶対繰り返さないぞ!!

マスミ
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:42Comments(0)

2010年03月25日

反省

 先日のプチカンファで、自分自身を振り返り私自身にも反省すべき点があった。

この場では具体的なことはあえて記載しませんが・・・。

日々生活していて気をつけているつもりでいても、指摘されないと気付かないこともあります。

やはり注意してくれる存在がいるというのは、有り難いものです。誰にも何も言ってもらえなくなり

見捨てられたら悲しいですよねガーン

注意する側は、指導する上で色々考え心を痛めたり、嫌な役回りを受け、注意される側よりも辛

いものです。そのことを心に留め真摯に受け止め、直すべきところは改めないといけないと感じ

ました。

S川

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 17:46Comments(0)わたくし事

2010年03月25日

近況

木の芽立ちの頃 あわせて雨の日も多くて利用者さんの体調もおもわしくない。ここをどう乗り切ろうか 思案のしどころです。
施術者oza
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 06:24Comments(0)

2010年03月25日

利用者さんの意見

今日利用者さんに頼まれていたスケジュール表をもって行った時の事です
「こんにちわ、遅くなってすみません」
「やっと持って来たちゃ、ありかとう」
話をしながら施術をしていて
「今日天気が悪いのに元気が良いですね」

「お札(スケジュール表)を持って来たからよ」

「何でですか?」

「トイレに行って待っちょこと思うけど毎回時間が違ってるから覚えられん」
「間違って早くトイレに行ったらまた行きたくなるから、それが気になっとよ」
「それが無くなったからストレスが無くなって元気が出たっゃが」

「お札のおかげですか?」

「そうよ、お札のおかげ」(笑い)

「利用者さんの貴重なご意見、有り難うございます」(笑い)
施術をおわって、思いました、もっと早く気付いてあげれたらなと
利用者さんの立場になって考えないとだめですね

施術者hida
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 00:01Comments(0)

2010年03月24日

それぞれの道

春がもうきてます!
いつも、この季節になると・・・色んな選択の中からこの看護の道を選んだ事を思い出します。
今まで、沢山の人と知り合い、喜怒哀楽・・・後悔もありました。
でもすべてが自分自身に関わりのあることで、プラスになってるんだなあ~て。
後になってわかる事が多いです。

沢山の出会いの中で・・・感謝し・・成長していきたいです。・・・・・やま  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:13Comments(0)わたくし事

2010年03月23日

心を養う!

春です。さくらも咲き始めました。でもそんな木の芽時に、体調を崩してしまうことがよくあります。

心と体の元気のもとセロトニン
セロトニンは、脳内の伝達物質の一つで、精神を安定させたり、集中力を高めたり、また体調を整えたりと、主に心と体のバランスを調整する役割を担っています。
これが、きちんと分泌されていれば、体は健康で若々しく、心にはゆとりがうまれます。
しかし、不足するとさまざまな弊害が現れてきます。
一番の敵はストレス
セロトニンが不足する一番の原因は精神的ストレスです。しかし、常に何らかのストレスをもって暮らす私たちは、どのように対応すればいいのでしょうか。
答えは「ストレスに勝とうとしない」こと。そして「上手に受け流せる体質をつくる」ことです。
だからこそ、セロトニン神経の働きを日常的に鍛えて、少々のストレスではへこみにくい心のコンディションをつくる工夫が必要です。
そのために、誰でもできる効果的な方法が「リズム運動」です。リズム運動というのは、筋肉の収縮と弛緩を周期的に繰り返す運動で、激しい動きは必要ありません。
呼吸・歩行・咀しゃくも立派なトレーニングです。
次回もう少し書いてみたいと思います。
tana
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 07:26Comments(0)

2010年03月23日

リハビリ

49才で、脳挫傷による片麻痺になられた方が書かれた本を読みました。

「リハビリの結果と責任」:三輪書店

目次を抜粋すると、
1、「リハビリ技術の格差…沸き上がる疑問と心の葛藤」

2、「繰り返されるゴールの見えないリハビリ…リハビリにプロ意識はあるのか」

3、「リハビリの結果と責任…疑問だらけの歩行訓練」

本の内容を抜粋すると、

一人目のPT曰く、「『筋力』って言うけど筋力を上げると『ケイ性』も一緒に上がってきて、言って見れば、筋力を強化すればするほどケイ性も強化されることになる。つまり、筋力とケイ性のほどよい、そのバランスを取るのが難しいのよね」

結局、そのPTさんは、私が退院するまでROMexしかしませんでした。

過去にそのPTさんはみずからその「筋力」と「ケイ性」のバランスを壊してでも、その先にある世界へ行ったことなどないのでしょうか?自分の知識や探求心を基礎にして、そのバランスを壊してみるとか、そんなことなど思いさえもしなかったのでしょうか?…本当に治療する気はあるのだろうか?

最後の病院にて…

二人目のPT曰く、「自分のリハビリを、また、自分の最終の姿などはどのようにイメージされていますか?」

「私はどんなことをしてでも歩きたい。そのためならどんなにつらい厳しいリハビリでも、決して絶対に音を上げたりはしません。

二人目のPT曰く、「たしかに言われるように、筋力が上がれば並行するかのようにケイ性も上がってきます。しかし、だからと言って何もしない『無策』は最もやってはいけないことだと思います。歩くためには体のいろいろな箇所の筋肉が必要となります。その筋肉がなければトレーニングをして鍛えるしかありません。結果、ケイ性も同時に上がってきたら、負けず、さらに体を鍛えましょうよ。ケイ性を怖がっていてもしかたのないことです。さりとてケイ性に負けるわけにもいきません。最終的に、その方法が無理だとわかったその時にそれをやめればよいのですから。筋肉とケイ性のバランスなんて、誰もはっきりとはわからないことですから。とにかく、トライしてみましょうよ」


いままで少なからず悩んでいたことに対し、その答えに近い内容に出くわすことがあります。独学でやっていくんだ!と決めてから、人に聞く前に自分でまず調べてみるくせはついていると思います。リハ本を大量買いするのも、ひとつの技術、ひとつの理論に固執しないようにするためです。独学でやっている虚しさや遠回り感はありますが、悩んでいることのヒントになるようなことが書いてあったりするから、いまさらながら勉強していかないといけないことを痛感します。リハの勉強してると、頭でっかちになりそうですけど、全然そんなことないです。逆に「柔軟性」「単純性」を意識するようになります。

まえむ〜
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 04:28Comments(0)

2010年03月22日

来週末は…

ようやく風邪が治ったsuzuです(^^;)

完治に長くかかり、皆さんに迷惑おかけしましてホントにすいませんでした!

来週末には花見が予定されています。稟議書の提出も終わり承諾も頂きました。後は前日・当日の段取り。シュミレーションは出来ているので、後は忘れ物がないように再確認を…。

当日雨が降らなければなぁ〜二年連続で雨が降り昨年は中止だったし、今回は期待したい。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 13:57Comments(0)

2010年03月22日

春本番…

三寒四温と言います が 宮崎でも 感じます。

風景も春から初夏を思わせます

宮崎は、早くも 田植え の準備が始まり 田を耕し水を張ってます その 風景は、太陽の光で キラキラと水面が光 まるで 小さい 湖 そこだけ 時が止まった感じです。

外出の 出来ない 利用者さん に 話し 少しでも季節を感じてもらえたら と思います

寒いと 関節が痛かったり体の 動きが悪かったりしますが 過ごしやすい 季節になり 動きも 良くなり 良い結果に繋がればと…思います。

施術者haradでした。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 13:29Comments(0)