スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局  at 

2012年03月31日

リフレッシュ

あたしの仕事でのリフレッシュは、
利用者さんとお話することです。

利用者さんと会ってお話できるのも、
集金のときや、
報告書の作成時の同行、
カンファレンスのときくらい。
なので、
利用者さんにお会いする時は、
話が尽きません。

この時間がとても楽しくて、
話が弾み、
利用者さんの笑顔が見れて、
私も気持ちが和みます。

利用者さんとのコミュニケーションは、
これからも大事にしたいです。

プライベートでは、
友達やみんなと一緒に過ごすことが、
あたしの一番のリフレッシュです。

相談員 松元
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:52Comments(0)

2012年03月31日

リフレッシュ

最近のリフレッシュの方法は寝る事にしています。
利用者さんの集中力を長く保たせるために行っている事は施術内容の順番を変えたりします。
例えば、いつもマッサ〜ジからしているのを歩行訓練から行い外の空気を吸ってからマッサ〜ジ、運動をして頂いたりしてます。
小田。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 18:45Comments(0)

2012年03月31日

リフレッシュ

リフレッシュ…。

時間を忘れ無我夢中で好きなことができたらリフレッシュできるのでしょうね。
リフレッシュの仕方は人それぞれだし、体を動かすことだけではありません。

日常の中でも、何らかのきっかけで心がリセットされたり元気をもらったりと嫌なことを忘れさせてくれる経験もあると思います。

その時の時間だけでも…と感じてもらえるために私達も利用者さんに接していかなければならないですね!
相談員 鈴木

来週のテーマ
『思い出に残る学校行事』です。

宜しくお願いします♪
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 18:16Comments(0)

2012年03月30日

リフレッシュ

リフレッシュ=アウトドアと単純な私ですが…。

利用者さんに尋ねると

「今度 お墓参りに連れて行ってもらえるから、それがリフレッシュになるかな。」

「おいしいものをたくさんたべること。 そんなに食べられないけど」

「人と話をしたり、入浴することかな。」

普段 屋内で過ごすことの多い利用者さんです。私がフレッシュな風を運んでいけたら良いなと思います。

おざき
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:44Comments(0)

2012年03月30日

リフレッシュ。。



無心になって何かに集中すると頭が切り替えられてスッキリします。

リフレッシュ。。

利用者さんは、どうしているんでしょう?

今日、伺った利用者さんで折り紙を趣味にされている方がいらっしゃいます。

肩の可動域も狭く、指先に力が入りにくいのですが、

「あなたがくるから、一生懸命折って肩凝りを溜めておいたわ♪」

と、にっこり。

確かに肩は、ガチガチで痛みまで出ています。。。

少しでも痛みを取って、また折り紙を楽しんで頂ければ…と思います。

こだま
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:50Comments(0)

2012年03月30日

リフレッシュ

休みの日朝早くにサーフィンに行き

波に乗ったり海を眺めたりしてると

悩んでる事がちっぽけに感じて

リフレッシュされます。



私の担当する利用者さんですが

一緒に歩くだけ

一緒に話すだけ

一緒に運動するだけでいい

来てくれたこの時が1番の楽しみ

と話してくれる方が何人かいらっしゃいます。

この利用者さんにとって一緒に〜する事が、リフレッシュになっているのかなと思います。

何気ない毎日に、少しの変化があると気持ちも変わるのかなと思います。

〜たさき〜
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 18:46Comments(0)

2012年03月29日

リフレッシュ

体を動かすということが気分転換にもなり、疲れてよく寝れるため不眠症の緩和にもなってます。


倒立、跳ね起き、側転、六歩。

いまやってるダンスの初歩一つでも、どう重心を動かすと安定するか?と頭と身体をよく使います。

利用者さんと体をいっぱい動かして「昨日はよく眠れたっちゃが〜」と笑顔で言われると、昨日頑張ってもらってよかった(*^□^*)と感じます。

益満
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:26Comments(0)

2012年03月29日

リフレッシュ 

横になっていることが多い利用者さんと、
ベッドの端に座る練習をしているのですが、
座った目の前に私が履いていたスリッパをおいて、
「ここまで足を前に出してみましょうか?」と声をかけると、
右脚を思いっきり前に出し、スリッパを遠くへ蹴りあげました。

本人もそんなにスリッパが飛ぶとは、と言うか、
飛ばせるとは思っていなかったようで、
目を丸くびっくりしていました。

私もそんなに足が動くとは思わなかったもので、びっくりしながらも、
それ以上に利用者さんの表情に大笑い。
つられて利用者さんもびっくりしながらも満面の笑み。
二人して大笑いしてました。

利用者さんの笑顔が見られる瞬間は私も本当にうれしくなります。
ちょっとしたことでも、二人でいると笑い話になる。

「リフレッシュ=気分転換=喜怒哀楽の生まれる瞬間」、は一人より二人、三人、、、、
人との関わりが大事なように思います。

帰る時に、「また明日来ますね」と声をかけると必ず目を見てうなずいてくれます。
私が来ることも利用者さんにとって一つのリフレッシュになればいいなといつも思います。

コスギ
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:35Comments(0)

2012年03月29日

秘密。

『相棒が帰ってしもた(>_<)』

ショート先に訪問した際の利用者さんの残念そうな一言。

こんにちは、津田です。

相棒とはショート先で出会った将棋仲間のひとりだそうで、今回もお互いに日を合わせてサービスを利用しようと計画を立てていたようです。
それが当日まさかの体調不良で途中退場。

比較的女性よりも男性の方が社交性に乏しく、デイやショートステイなどの社会参加をイヤがる方が多いと言われますが、普段寡黙なこの方も典型的なそのひとり。

なのに輪をかけて唯一の楽しみが奪われる形となり、少し寂しそうです。

『ん〜残念ですね〜』

『いやぁ、せっかくヨメにリフレッシュしてもらおうとした訳だから…』

!?

どうやら将棋を指したくてショートステイしたわけでは無く、奥様のリフレッシュのために計画してたようです。

数日後帰宅され、再訪問した際、施設で気を使いすぎたせいか麻痺側半身がガチガチに。

リラクゼーション中心に施術を切り替え『大変でしたね』とコソッと聞くと、ニヤリと微笑んだその表情には溢れる愛情で一杯でした。

奥さんに隠した不器用な『秘密』。

しっかりとその想いを受け止めて、私からは違う形でストレス・レスの方策を提案していきたいと思います。

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:04Comments(0)

2012年03月28日

リフレッシュ

「リフレッシュする為に何をしますか?」と利用者さんにお聞きすると、皆さん色々な事をされてます
ある方は、肩や足が痛くて夜寝れない時台所で流し台をピカピカに磨かれたり

夜カラオケを歌いに行かれたり

ある方は、俳句や短歌を新聞などに投稿されたり

普段の移動は車椅子の方で、県外に旅行されたり

皆さん色々な方法でリフレッシュされてるようです

動ける方は良いですが寝たきりの方などはどうされるのでしょうか

少しでも私のマッサージで楽になられれば良いのですが

その為にも私達が勉強して少しでも技術を高めて行かなければいけないと思います

日高
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:20Comments(0)

2012年03月28日

リフレッシュ

私の リフレッシュは、笑う 事…

休みの日は、マッタリ と 過ごし テレビの バライテー 番組を見て 大笑い が リフレッシュです。

利用者さんの中には、以前は、笑っていたかたが 近頃なかなか 笑って もらえず 私が 「笑顔、笑顔」 と言うと 笑顔になるのですが…
そんな 利用者さんですが この間 伺った時に ラジオが つけてあり 面白かったのか 大笑いされていました。

顔を見ますと 表情も 明るく 肌もツヤツヤでした。

リフレッシュしたかどうか 定かでは、ないですが 笑うて 大事だな〜と思いました。
私も 多いに笑って リフレッシュしたいです。


施術者 原田 でした。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:00Comments(0)

2012年03月28日

リフレッシュ

寝たきりの人を座位にして
下肢のふらつく人と背伸びして、目線を少し変えてリフレシュできるかな
マッサージでも緊張を和らげて体が動かしやすくなり、リフレッシュになれたらいいなと思います。
スギタ
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 00:17Comments(0)

2012年03月27日

リフレッシュ

毎回おんなじことの繰り返しだと飽きてしまうので
やり方を変えたり,場所を変えたり...

何か1つでもいつもと違うと結構やる気をだして頑張って下さいます.


あとは運動の合間に少しお話したり...
今日の話題は桜と野球,あとはちょっと変わった写真集について...
\(^O^)/


原島

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:46Comments(0)

2012年03月27日

リフレッシュ (思い込みからの失敗)

先日ある利用者さんに外歩きを提案しました。

いつも窓越しに見ている自慢の庭や花を一緒に道路側から眺めて見ようと思ってのことでした。

以前からの提案だったのですが、機会がなかなかなく、雨、風 寒さなどにジャマされて実現していませんでした。

その日は日射しもあり、晴れ渡って、
わたくしとしては暖かく感じていました(思い込んでいました)。
しかし、利用者さんには少々寒かったようで、
直ぐ屋内へ戻りました。
その後、いつもの歩行練習などはされませんでした。

勝手に、リフレッシュになるかなと思い込んでいました。

苦い 失敗談です。



田中
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:24Comments(0)

2012年03月27日

リフレッシュ。

利用者さんにとって何がリフレッシュになるのか。 私たちは外出するのも自分の意思によって出来るし、縛りはないです。

誰かの手を借りての外出、行きたい所にも中々ご自分の思うように行けない、そんな中でどうしたら…と。私たちは、沢山の話しをし気持ちが少しでも前向きにリフレッシュ出来たらと思います。が、逆に、私たちもナンだかリフレッシュ出来てます。
有り難いですね。
山下
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 20:06Comments(0)

2012年03月26日

リフレッシュ




私は 自分が好きなことをして 気分転換をすることが できますが


利用者さんにとっては できることが 限られて難しいこともあります。



だからこそ


施術に伺う日を 心待ちにしてくださっている利用者さんたち。。



30分の 短い時間で 少しでも 楽しく 気持ち良く過ごしてもらえることが できるように 心掛けたいと思います。


年増
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:02Comments(0)

2012年03月26日

リフレッシュ

利用者さんと一緒に立ち上がりの練習をしています。雨の日も…
風の日も…
晴れた日も、コツコツと…でも、飽きちゃう時もあります。
そんな訳で先週はひと足早いお花見へ…。
今週は…立ち上がる事は同じだけどテーブルを使ってみました、勇気をだして!「出来ちゃった」笑顔
リ・フレッシュ佐藤
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:38Comments(0)

2012年03月26日

リフレッシュ。。

体を動かしたり、

どこかに出掛けたり、

掃除したり、

人と会ったり、

私にとってリフレッシュって

いつもと違うことをすることです。


では利用者さんは、

いつリフレッシュ出来るんでしょう。。


私は出来るだけ、
利用者さんが、
施術の中でリフレッシュできるよう、


私が居ないと出来ないことをしようと心掛けています。。


例えば、
散歩したり
一対一でゆっくりお話を聞いたり
一緒に歩く練習をしたり。。


つまりは一人では出来ないこと。


だと思います。

中山












iPhoneから送信
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:15Comments(0)

2012年03月26日

リフレッシュ

毎日を無駄なく過ごすことが「リフレッシュ」になると思います。

時間があれば、

「本を読む」=「リフレッシュ」


利用者さんに今回も、本を貸し出しています。

三好春樹氏推薦の、


「夫・荘六の最後を支えて」



レビー小体型認知症の夫を在宅で支える著者の介護日誌です。


壮絶です…。


利用者さんと感想を言い合いたいと思います。


前村
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 05:25Comments(0)

2012年03月25日

強い人。

ある利用者さんの奥さんの話。

旦那さんは
脳梗塞で倒れ状態が悪化し、
今寝たきりで話すことができない状態。

口からご飯を食べることができますが、
最近脳梗塞が再発し、
胃ろうをした方がいいんじゃないか?
との話が出たそうです。

息子さんは胃ろうに賛成。
でも奥さんは反対。

口からご飯を食べてほしい。
胃ろうにするくらいなら、
このままの状態で、
この先の事を受け入れた方がまし。
胃ろうをしてまで、
生きてほしくはない。

これが奥さんの気持ちでした。

息子さんの気持ちもわかります。
結婚をしてない私でも、
長年連れ添った奥さんの気持ちもわかります。
でももし私が奥さんの立場だったら、
周りの意見に流されるだろうな。

奥さんの、
旦那さんを思う強い心。
信じる気持ち。
愛情。

すごく感じました。

今旦那さんは、
口からご飯を食べ食事されています。

できることはしてあげたい。
悔いなくしてあげたい。
愛してますから。

奥さんのこの言葉が、
胸にじんときました。

相談員 松元
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 00:42Comments(0)