スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局  at 

2012年07月31日

元気の源

えっと………ぅんん………食べ物で?
趣味で??

パッと出てこないですね。
困りました……
素直に考えて、美味しいと思う物を『お腹イッパイ!』食する!!と、いう事なんではないかなぁ。
後は誰とどこで?もかなり源に、笑顔になります。
家族、友人、ペット等などでしょうか?
山下。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:59Comments(0)

2012年07月31日

元気の源

元気の源…?
ン―! 出てこない!


美味しい味噌汁!
土用干しした香り高い梅干し!
カミさんが機嫌良く小遣いの問題解決に対応してくれた時!
……
なんか違う!違うと思います。



「大切なものは目には見えないんだ。想像してごらん。君の欲しいものはそこにある…」

なんとも抽象的な言葉ですが、
「星の王子さま」にある言葉だったと思います。

想像することで、元気は出てくる。

想像しないことには、元気は出てこない。

自分の好きなことを求める。

自分の心に正直になる。
「元気の源」はこんな所にあるのではないかな!と思っています。

こんなことを踏まえてはじめて、良い笑顔にも成れるし、また、夢も膨らんでくると考えます。

私たちが利用者さんと関わるなかで、明日への夢を想像して貰えたらうれしいですね。



田中
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 20:28Comments(0)

2012年07月31日

元気の源

「うちの会社には要らない人は一人もいない」という社長の言葉(真剣な表情で)。

お腹が空いているときに食べる卵焼きとトマト(山下さんの影響ですけど・・おいしいね)。

松元さんと鈴木さんの優しさ(ポカしないように注意も必要ですけど・・)。

施術者全員の施術を見たとき(個別性を重視したレベルの高さとその成果は素晴らしい)。

事務職員の軽妙なリアクション(楽しいからかな)。

私が「老人ホームはお風呂に毎日入れない」というと、娘が「私が介護してあげるから大丈夫」と言ったこと。

孫に「ズボンを自分ではけるの?えらいね」と言ったら、3枚重ねてはいたことと、パンツを3枚重ねて頭に被ったこと(人間はほめられるとやる気がでる・・孫はやりすぎたけど)。

主人の入院ベッドの足元で、うたた寝をしたとき(安心感)。

自分自身が頑張れたとき(達成感)。

利用者さんから話しかけられたとき(お役に立てたかなあ) などなど。

相談員 大杉
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 00:01Comments(0)

2012年07月30日

元気の源

子供達とはよく喧嘩します売り言葉に買い言葉 最近すっかり板に付いた
宮崎弁で応酬されます。
こちらも負けじと福島弁で迎え撃ち、戦い疲れて…
「わりがった、にしゃらもわりぃがんな!」
子供達相手にストレス発散妻曰く「5人も生んだつもりはないけど」
佐藤
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:13Comments(0)

2012年07月30日

元気の源




家族や 気の合う仲間ですね。。


自分が 気を遣うことなく 楽しい時間を過ごせること。。



凄く 大切で 凄く 幸せに思います。




利用者さんも


お盆に 家族の方々と 会われることだと思います。


県外に いらっしゃると なかなか 顔を見ることが できないでしょうから


さぞ 楽しみに 待っていることでしょう。



素敵な時間を 過ごしてもらえればと思います。


年増
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:00Comments(0)

2012年07月30日

元気の源。。

生け花ですかね。。

イライラ、

ウダウダ、

ウツウツ、

どれにおいても効果的です。。

私たちの元気の源は、利用者さんの元気の源の源なので、


多少の出費は止むを得ませんね〜。。


中山



iPhoneから送信
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:06Comments(0)

2012年07月30日

元気の源

「筋破壊」

いい言葉ですね〜。


「超回復」

ホントやろか?


「筋肥大」

座右の銘にしたいぐらい!



この繰り返しを30年。



疲労感をとるのに「ウェイト」は最高です!


前村
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 05:08Comments(0)

2012年07月28日

夏を乗り切る方法。

やっと梅雨があけ、暑くなってきましたね。宮崎はホントに陽射しが強く痛く感じます。暑くなってきてこまめに水分補給をするもののお腹をくだすあり様!こんなことしてては乗りきれない(泣)

まずは疲れを残さないようにすること!

睡眠はしっかり取るように心掛けています。寝過ぎても体がダルくなるだけなので自分の生活のリズムを崩さないようにすることかな!

暑い日々が続くとメンタルのコントロールも必要と考えます。利用者さんに元気を与えられるように、まずは自分が元気でなければならないですね。

日々の体調管理をしっかりと…。

相談員 鈴木

来週のテーマ
『元気な源』です。
宜しくお願いします♪



  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 19:54Comments(0)

2012年07月28日

夏を乗り切る方法。

梅雨があけて、
暑い日が続いておりますが、
皆様いかがお過ごしでしょうか?

夏を乗り切る方法。。
すぐ思いついたのは、
水分補給!!

ある施設に入所されてる利用者さん。
最近脱水症状を何度か起こしたそうです。

心配だったので、
顔を見に行きました。

玄関から覗いてみたら、
ちょうどフロアにいらっしゃって、
職員さんが利用者さんの側についていました。

そこで聞こえてきたのが、
「お水飲んでー!!」(職員さん)
「いや」(利用者さん)
「飲まんとまた病院に入院なるよ!
 いやでしょー!?」(職員さん)
「いいと、飲みたくない」(利用者さん)
「もう、知らんよー」(職員さん)
と、職員さんは困っていました。

その後、利用者さんがお部屋に戻られたので、
そのタイミングを見て、
訪ねました。

「お水飲まれなかったんですか?
 職員さん心配されてましたね」
と聞くと、
「飲みたくないのよ、
 ガミガミ言われるとまた飲みたくなくなる」

なるほど。。
職員さんの気持ちよくわかりますが、利用者さんの気持ちもよくわかりました。

心配だから、
つい口調も強くなってしまう。
あたしもよくしがちなことです。
言葉の掛け方って難しい。。

あたしも体調管理をしっかりしながら、
暑い夏を笑顔で乗り切りたいと思います(^_^)

相談員 松元
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 14:37Comments(0)

2012年07月28日

夏を乗り切る。

毎年いつの間にか乗り切っている気がします。
が、水分補給はしっかりしています。
これから先どんどん暑くなってくるので利用者さんの体調、水分をしっかりとっているかを確認しながら施術していきたいです。

夏は食欲がおちるので冷やし中華をよく食べている気がします。

小田。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 12:50Comments(0)

2012年07月27日

夏を乗りきる方法

しっかり食べて
しっかり睡眠

夏ヤセなんて経験したことがありません。

でも今年の夏はキツイ!!

おざき
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:55Comments(0)

2012年07月27日

夏を乗り切る方法

僕の最大の弱点が「夏」と「タマネギ」です。

施術中、すぐに汗だくになってしまう僕に利用者さんやその御家族が、

「大丈夫?」

と心配してくださり、扇風機やエアコンの風を僕に向けてくれます…気を遣わせてしまって申し訳ない限りです。

でも、皆さんの優しさで今年の夏を乗り切れそうです…いや、乗り切ってみせます!

橋倉  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:10Comments(0)

2012年07月27日

夏。。



夏。。
きてしまいましたね。。

最近、梅雨明けし、毎日ギラギラと照りつける太陽に体力を奪われてます。。


私は夏が苦手で、冬は着込めば何とかなりますが、この刺激の強い太陽が逃れられない感じが苦手です。。


さて。
夏を乗り切る方法は……


水分をたくさん取ること。

生活のリズムを崩さないこと。

きちんと休息を挟むこと。



利用者さんによっては、室温調節が難しく、体幹部は汗をかいていますが手先・足先が冷えてしまっていらっしゃる方がいます。


エアコンや扇風機を上手く活用し、夏を楽しめたら良いですね。


こだま
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 18:45Comments(0)

2012年07月26日

夏を乗り切る方法

高齢者の方の夏バテ対策や水分補給を三好春樹先生は「体に影響がでない範囲で本人が食べたい物をとにかく食わせろ」と書いてます。

お茶などの水分を直接勧めると「トイレが近くなるから・・・」と拒否されたりしやすいですが、アイスやゼリーならすすんで食べる方も多く、水分もたっぷり含まれています。

なので去年の夏あまり水分を取りたがらない利用者さんが「ハーゲンダッツの抹茶が食べたい」と言ったので、許可をもらい買ってきて仕事終わりに一緒に食べた時はペロリと平らげました。

今年、食べたいものを聞いたら「うな重」でした。

うーん、どうしよう。

益満





  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:10Comments(0)

2012年07月26日

喝。

暑いですね〜毎日が(>_<)
水筒の中身を惜しみながら、チビチビと冷茶飲みに勤しむ毎日です。

こんにちは、津田です。

ん〜いつからこんなに暑くなったのか。。

ふと気になって、とある利用者のご主人に聞いちゃいました。

御歳88歳。
19歳で日本海軍に入隊し、昔からイケイケどんどんでとにかく元気なこのご主人。今も農業経営の傍ら、利用者である奥さんの様子を見るために毎日通所されてます。

『暑かったど〜昔も!華氏100度は超えとったからな!今で言う33℃くらいじゃな!!』

『へぇ〜!じゃあ作戦中に熱中症みたいなので倒れる人もいたんじゃないんですか?』

『おろか〜!ウーンと倒れた瞬間死ぬるわけじゃかい滅多なこって倒れてたまろか!!』

流石ですσ(^_^;

大和魂をもってすれば、暑さくらいどうにでもなると言うことか。。。

ま、実際は死ぬるが先か気絶するが先かはわからんけどなと笑い飛ばすご主人の豪快さはとても頼もしくカッコいい。

反面、自由を保障され過保護な程に守られる環境が整った昨今、いろんな意味で精神的に弱くなったと言われるウチら世代。

言われてみれば知覧特攻平和会館で見た、当時の少年が書いた『必死』の二文字は、今の私らの使う言葉とは意味も重さもまるで違います。

四の五の言わずにしっかり働かんかいと、この御大に喝を入れられているようで、今夏も暑く、いや熱く頑張っていきたいと思います。



  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:50Comments(0)

2012年07月26日

夏を乗り切る方法

夏は寒い冬より断然好きなのですが、暑さには弱い。

利用者さんのお宅に伺うと、やはり冷房を効かせすぎなことも多いように思います。
足など触れると冷たくなっていたりと…

私自身クーラーに弱く、すぐ体が冷えてしまうので、
室温には気を配ります。
扇風機の風でさえ、直接当たるのが苦手です。
ですから、直接体に当てずに壁に当てるようにしています。
室内の空気の移動(気流)があるだけで、涼しさは変わるそうです。

クーラーなどは外から体を冷やしますが、
冷たい飲み物や、食べ物を取りすぎて、
体の中から冷やしすぎて体調を崩すことも多いそうです。

うちでは暑い夏でも年中鍋をします。
体を必要以上に冷やさない。
それが私の夏バデ防止です。

コスギ
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:32Comments(0)

2012年07月25日

夏を乗り切る方法

私は、夏バテをしない様に食事をきちんと三度取るようにしています

暑くなると飲み物ばかりで食べない人が多いようです

食べないでなく飲み過ぎてなく食べれなくなるのだと思います

水分補給も大事ですが一度に沢山飲んだから全部体に吸収されません

こまめに飲んだ方が吸収されます

例えば1時間間隔でコップ1杯とか

この方が食事も食べられると思います

利用者さんに何を食べられたかお聞きするとアイスや飲み物が多く食べられてません

これでは夏が乗り切れないと思います

食べることの大切さを伝えたいと思います

日高
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:33Comments(0)

2012年07月25日

夏を乗り切る方法。


私が心がけている 夏を乗り切る方法は…

睡眠、 休息、 バランスの良い食事です。

と言っても 今年の夏も 暑くなりそうで 他に 何か考えなくては、?

また 今年は、ウナギの稚魚が取れないとかで 価格高騰だそうで 口に入りそうもないのでスタミナ源をどうしょうか考えます?

  利用者さんに スタミナが付く食べ物をお聞きし更に 熱中症対策を話し合い 利用者さんと共に 夏を乗りきりたいと思います。


施術者 原田 でした。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 20:03Comments(0)

2012年07月25日

夏を乗り切る方法

* 「 利用者さんの 笑顔 」「 うなぎ 」「 異性 」「 休養 」「 睡眠 」。
私の中で 1つ挙げるのであれば 「 利用者さんの 笑顔 」ですね!
その事で、疲れなどを忘れてしまいそうになります。
* 本当に 「 笑顔 」って いいですね!! “



宮越

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 07:51Comments(0)

2012年07月24日

夏を乗り切る方法

二十歳代迄の若い時は別として、以前から夏場は疲れ易く、特に宮崎市沿岸部の日射しの強さには、脅威的なものを感じます。

特に夏バテ予防法として意識しているところは、胃腸の強さ、不調にならないことです。

薬草のセンブリ等の胃腸強壮に為るものを飲んだり、今年は、シソジュースに塩を小匙半分程入れたものをペットボトルで持ち歩いています。

水分、糖分、塩分、ビタミンC、ミネラルを程良く含んでいるわけで、脱水や熱中症になりにくいと思っています。

とにかく、夏バテを予防 することは、活動量低下から起こり得る、身体機能や低栄養による筋肉量低下を引き起こし、筋肉がつってしまったり身体中がだるくなってしまいます。

夏バテは、サルコペニア(筋減弱症)になる引き金に為りかねません。

しっかり食べて、
しっかり眠る、
健康維持の基本ですね!
さて、私は出来ているのだろうか?


田中
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:52Comments(0)