スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局  at 

2015年04月30日

無形の財。

喉が乾いた人に水を出す。

たったそれだけでサービス業、とりわけ対人業務の全てが詰まっているのかなと、個人的にはそう思います。

こんにちは、津田です。

例えば、

何を → 水
何で → グラス
どうする → 喉を潤して貰う
何のため → 快適になってほしい

大ざっぱに分けるとこうなります。

この場合、目標が『快適になってほしい』となりますので、後はその相手に与える快適度の質が結果(=満足度)として表れることになります。

適温か?清潔感は?グラスにキズは?結露は?
持ち方は?渡し方は?待たせたか?…等々

接客業において、水という有形の物質提供に対し、サービスの質は《無形の財》という位置付けで、相手が何をどの程度求めているのかというのをとことん突き詰めます。

まぁ中には過剰になりすぎて、客と神様の区別が出来ない所もあるようですが。

いずれにせよ、サービスの基本といえば相手の満足度をいかに満たし、かつ合理的に業務を遂行するか、ある意味バランス感覚みたいなものも必要になってきます。

現場でも同じこと。

目標を持たず、一次元的に《これで良かれ》を提供し続けた結果、利用者や他の関係者から指摘を頂くことも少なくありません。

有形無形を問わず、提供する相手が人であるからこそ《これで良い》は複雑で奥深い。

私自身、様々な面で対応できるべく学習していかなきゃなと、そう思います。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:14Comments(0)

2015年04月30日

サービス

訪問する際にはなるべく時間より早

く到着し、予定の時間より少し早く

お伺いするようにしています。

トイレ介助やスタッフの方への施術

前後の報告などの時間を作りたいと

思っての事ですが、利用者さんから

要望等があった際、対応に時間がか

かってしまうという理由もあります

。施術時間は30分ですがなるべく時

間にとらわれる事なく利用者さんと

しっかり関われる時間を作るように

しています。

上山
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:46Comments(0)

2015年04月30日

サービス

某ファーストフード店ではスマイル

0円というサービス?がありました。

頼んだ事はありませんが、誰にでも

すぐに出来る事なので利用者さんの

所に伺う際は笑顔で大きな声で!を

心掛けるようにしています。

たまに、「そんなに叫ばなくても聞

こえてる」とご指摘を頂く事もあり

ますが、その時の状況に合わせて行

うようにしていこうと思います。

上山
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:46Comments(0)

2015年04月29日

サービス

用者さんに喜んでいただければサービスになるのではないでしょうか?

その為には利用者さんをよく見て、よく聞く事がサービスにつながるのではないで
しょうか。

日高




  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:20Comments(0)

2015年04月28日

サービス

利用者さんへの施術のとき、私たちが出来るサービスとは!
技術のひとつひとつにこころを込めること、
何事にも真摯な態度で取り組む!
話し掛ける言葉に気持ちを込めること、
まあ、他の職業のでも合い通じるものでしょうが!
田中
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:56Comments(0)

2015年04月28日

サービス2


訪問の仕事はサービス業だと思います。

なので、接遇面には一層気を遣います。

言葉遣いから対応まで。
まだまだ未熟ではありますが、利用者さんとの関わりの中で磨いていきたいです。

柄本  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 09:55Comments(0)

2015年04月28日

サービス


施術後のベットは綺麗に。

ベットを綺麗に整える事や軽い雑用やお手伝いをすることがあります。

勿論、ベットメイク以外は時間にゆとりがあるときだけですが、スタッフに頼みづらい、家族が忙しくてなかなか来れないから頼むチャンスがない。

そういった利用者さんは多いため、できそうなことやちょっとしたお手伝いはするように心掛けています。

まぁ、度が過ぎないように気を付けないと行けませんね。

柄本  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 09:51Comments(0)

2015年04月27日

サービス

小脳出血の既往症がある利用者さん
左の上下肢が上手く機能しません。
利用者さんの願いは、「歩きたいの」。
一生懸命に歩行練習をします。
ただ、施術中に必ず一度はトイレを
懇願されます。
膀胱内にカテーテルを留置してある
ために、トイレで直接排尿することはないのですが。
一生懸命にズボンやパンツを上げ下げします。
思わず手伝いを願い出てしまいます。
佐藤

  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:09Comments(0)

2015年04月27日

サービス




訪問した時に マッサージ以外の事を頼まれることがあります。


次の移動時間に間に合う範囲内で 引き受けますが ついつい時間が経ってしまいます。


誰も手伝ってくれないのよねぇと言われると 帰れないですよねぇ。。


年増  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:26Comments(0)

2015年04月27日

サービス

「ホスピタリティー」


【おもてなし】です。


語源は、「ホスピタル」です。


【病院】です。


「サービス」も【おもてなし】です。


バブリーな時代に、


「医療もサービス業!」


と言った人々がいました。


淘汰されていったようです。


(「医療もホスピタリティー業!」

と言っていたら、少しは変わっていたかも。)


因みに、


私は、素直ではありません。


【おもて(表)なし】には、「うら(裏)がある」と勘ぐってしまいます。


前村


  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 04:01Comments(0)

2015年04月24日

成功体験

認知症の利用者さん
80才、男性の方です。
施術開始当初は前方介助での手引き歩行が可能でした。
もう5年ほど前になるでしょうか。一時的には側方介助でトイレまで歩いて行けるまでになりました。
 そして今度は散歩に行けるようになるといいねと施設のバルコニーを歩く練習をしていました。
でもそれはこちらの勝手な希望ではなかったかと思います。
それから間もなくして彼は車椅子生活となりました。

寝返り、起き上がり、立ち上がり、移乗と全て介助が必要となりました。

内心、このまま寝たきりになるのではないかと心配しながらも、ずっと一連の動作を繰り返し繰り返し行ってきました。
しだいに移乗が出来るようになり、起き上がりができるようになり、現在は伝い歩きが出来るまで回復しています。

人の可能性は未知ですね。(生命力?)

尾崎
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:31Comments(0)

2015年04月24日

成功体験。

利用者さんと会ったとき、初めてお会いしたときの状態から現在に至るまでの成果に気づいた時はお伝えします。

それまでの過程などの話を聞いて、施術者とこういうことをして出来るようになった等の話を仰います。

そのときは良い表情でお話をされます。

成功するまでは辛いかもしれません。苦労もあると思います。

ちょっとした成果でも伝えていくことが大事ですね。利用者さんのモチベーションになるように!

色んな意味で、もっと観察力を磨かなけらば!

相談員 鈴木
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:22Comments(0)

2015年04月24日

成功体験

利用者さんの主訴や目標を踏まえて施術を行う時に、

ちょっと頑張れば手が届く事(出来る事)を提案します。

短期目標とも言うと思いますが、まずはリハビリの喜びを知って頂きたいです。

少しでも感じてもらえた利用者さんの生活は一変するはずです。

その為には僕らが利用者さんの病気や体の動き、生活全体を理解する必要があると思います。

橋倉   


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 07:00Comments(0)

2015年04月23日

成功体験

最近、会社で習った施術を利用者さんに行っています。

肩甲骨に対する施術では、あまり腕の上がらなかった利用者さんの腕が上がったり、腰痛に対する背骨のストレッチを行っています。

本当に利用者さんから感謝してもらえます。

僕も習うだけでは無く、利用者さんに喜んで貰える施術の手技を習得したいと思います。

平塚

iPhoneから送信  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 23:35Comments(0)

2015年04月23日

成功体験。

パーキンソン病の利用者さん。

心配性です。いつも、歩けなくならないかと考えてしまいます。

現在は、ゆっくり焦らずと声をかけながら、歩行練習を行っています。
少しずつ距離も伸ばして自信と言う成功体験感じてもらっています。

小田。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:16Comments(0)

2015年04月23日

それ、自信か?

道に迷いました。

新人さんと一緒に訪問する毎日。
相も変わらずグダグダとうんちく並べながら、今日も何とかハンドルを握ってます。

こんにちは、津田です。

しかし何なんでしょうか、これ。

気が付くと全く想定外の場所を走っていることもしばしば。

まぁ方向オンチというのは、つまりは注意力と記憶力のショボさが問題なのでしょうが、何とかならないかと思う反面、私らしさとして半ば開き直ってもいます。

『もう!私のことはともかく、ナビの言うことだけは聞いて下さい!』

過去、某社長に呆れられつつ懇願されてもなお、未だ迷い続ける筋金入りの方向オンチ。

無事利用者宅にたどり着く度、その(結果的)成功体験に不思議な自信がみなぎります。

『地球は丸い』

と。
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:45Comments(0)

2015年04月22日

成功体験

今研修で習った事を利用者さんに行ってもらいました。

いつも胸の前で肘を曲げ拳を握った状態の方ですが

上肢の緊張を軽減し研修で習った事を試したところ

肘も伸び手も開いた状態で太股の上に置く事ができました。

その状態で反対の手で文字を書いてもらいましたが

筋緊張も起こりませんでした。

利用者さんと喜びました。

これからも続けて頑張ります。

日高




  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:22Comments(0)

2015年04月22日

成功体験

片麻痺、パーキンソン、認知症など、

いろいろな症状、傷病をかかえる利

用者さんがいますが、いま担当して

いる利用者さんに認知症状が強く出

ている方がいらっしゃいます。

声かけによる動作誘導も難しく、タ

ッピングやジェスチャーなど色々な

手段を使って動作を促すようにはし

ていましたが、なかなか定着する事

が出来ませんでした。

ですが、ここ最近は繰り返しの声か

け、動きの説明をゆっくり分かりや

すくしていたせいか、動作を促す際

のきっかけになるキーワードを作る

事で動きに協力動作が生まれ、出来

た事を利用者さんと一緒に喜ぶ事で

より自主的な動作を促す事につなが

るのではないかと思います。

上山
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 21:44Comments(0)

2015年04月21日

成功体験

利用者さんの起き上がりや立ち上がりの練習をする時に、時々思うことが…、
自分流、力に任せて、理屈に合わない方法でされる方が、時々います。
そんな方に、出来るだけその方に無理のない方法を基本に沿って考えて提案します。
上手くいった時には、それは喜んでいただけます。
上手くいかない時にも利用者さんと一緒に考えるようにしています。
それが成功した時のうれしさは何倍にも感じます。
田中
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 22:44Comments(0)

2015年04月21日

成功体験


気持ちの落ち込んだ利用者さん。

一つ一つ動作を確認し、出来るようになったことを確かめていくうちに笑顔に。

出来ることが増え、且つ実感する事で気分が上がりやる気も増します。

これからも成功体験を増やしていけるように、日々の施術をコツコツと確実に積み上げていきたいですね。

柄本
  


Posted by 自立援助協会スタッフ  at 12:20Comments(0)